保育士に転職する際の注意点|情報収集をきちんとしよう

女生徒

自分の学力を活かして

家庭教師のバイトは比較的高給ですが、斡旋会社を通すか個人契約を取るかで時給が変わってきます。1対1で勉強を教えるので責任が生じますが、やりがいも大きいでしょう。生徒の自宅という環境が良い場所で働くことができ、休みなどの融通がききやすいのも魅力的です。

学生

大学生に人気のアルバイト

塾講師でアルバイトしたい場合は、求人サイトを利用すると便利です。プレゼンテーションスキルが求められる集団指導の塾や、生徒1人1人に密接に関わる個別指導の塾など、自分のスキルに応じて塾を探すことができます。

保育士

求人を探す時には

保育士の転職サイトの選び方としては、保育士専門のサイトであるかどうか、求人の情報量が多いか、勤務したいエリアの求人情報が多いか、登録している人は多いか、利用者の満足度が高いか、などをチェックするとよいです。

地域にこだわって探す

保育園

自分の県を考える

保育士の転職サイトの数は多いので、自分に合ったところを念入りに選ぶ必要があります。大切なことは、お住まいの地域の求人を多く紹介してくれる転職サイトを選ぶことです。保育士の転職サイトの中には、都市部の求人に力を入れているところもあります。もし地方にお住まいだったら、このようなサイトは避けた方が良いでしょう。保育士の転職サイトの中には、日本各地の求人に力を入れているところもあります。このようなサイトを選ぶようにしましょう。サイトのホームページを見ると、そのサイトの本社や支社が記載されています。支社があなたが住んでいる地域か、そこに近い場所にあったら、その地域の保育士の仕事の情報は集まりやすいです。キャリアコンサルタントがその地域の保育園をまわって、情報を集められるからです。このタイプのサイトでキャリアコンサルタントの働きは大切で、特にコンサルタントが、いろいろな保育園とつながりを持っていることがポイントになります。つながりがあれば、それを活用して仕事の情報を集めることができます。都会のコンサルタントが、地方の情報を集めることもできますが、距離の問題があるので多くの情報を集めるのは難しい場合があります。しかし、地方に支社があってそこで働いていたら、時間や距離のことを気にしないで、きめ細かに仕事の情報を集められます。保育士の転職サイトを選ぶときには、サイトの求人の内容をよく調べて、お住まいの地域の仕事の情報量が多いところを選ぶようにすれば、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

Recommended

  • 株式会社日本入試センター

    塾の仕事を考えている人はいませんか?こちらのサイトで案内されている内容を確かめておくようにしましょう。
  • 株式会社スリーウィン

    家庭教師のバイトは京都で見つけることができますよ。教師になりたい大学生に打ってつけの仕事となっています。
  • サクセスアカデミー

    保育士へ転職をしたいのであればコチラを拝見。やりがいのある仕事に就いて、充実した毎日を送ってみませんか?